スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MIXCD LAID BACK (GANGSTA LUV) 製作秘話  ③マスタリング

lAIDBACK JACKET

LAIDBACK 製作秘話も中盤です。MIXを録り終わってふと一息!いよいよマスタリングの過程に入りました。マスタリングは、昨年作ったNewJackSwingのMIX 「N.J.S」でもお世話になったDJ Oni様にお願いをしました。

前回の製作秘話はこちら
「N.J.S」の時は、DJOni様に送ったMix音源の録音状態がモノラルになってて(汗)、「これじゃーね」とのお返事。「もう録リ直す気力ないです。そこをなんとか〜!」と無理くりお願いして「勢いのあるモノラルサウンドを全面に!」とかいって、とても素晴らしい音質改善をしていただいた経緯がありました。

「今回は、同じへマはしないぜ」私は、AbletonLiveを使用してMixの録音をしているのですが、録音設定が"ステレオ"になっていることを何度も何度も確認して、録りました。
スクリーンショット

「こんどは完璧だ!」DJOni様までデータを送ったところ、第1声が。

「またモノラルだよ」

「あれだけ確認したのにぃ。。」

もう一度録音環境を順に追って再度確認
タンテ→ミキサー→オーディオインターフェイス→PC

すると原因が判明!
ミキサー
ミキサーの出力設定がmonoに! こんな設定あったのかぁ。ズッコケ感ハンパ無かったです。

ここまでくるのに3〜4ヶ月かかっておりました。TSUTAYAにもいって観たくない映画も散々みました。「最初からやり直すのはきついなぁ」「モノラルでいいや」「またフリーでいいや。。」なんて何度思いました。「でも妥協はせずに頑張ろう」「もうトラックリストは決まってるし、録り直すだけだ」折れそうな気持ちを奮い立たせ再REC!TSUTAYAにもDVD借りにいって、ぜんぶ録り終わって一安心。

がしかし。。

トラックの細かい編集作業でまたズッコケてしまいました。PCのデスクトップがごちゃごちゃしてきたので「整理整理」ポイッとゴミ箱にいれたら、何とまさに編集していた録音音源を破棄してしまい、データが空に。

泣きながら3度目のREC..
同じ曲を何度も聴いてだいぶ飽きてしまったので、収録曲も一新してMIX録り。いま考えてみたら、この録り直しで内容がかなり良くなりました!相当なやりきった感でした(笑)

そしてDJOni様へ再度データを送ると今度は「OK!」

収録曲は90年代のマイナーなGRAPCD音源。音は悪い事を極まり、曲個体の音圧もバラバラ。DJOni様に送ったデータは1時間程度の1本のWAVファイル。何とそれを1曲ずつ分解して、音圧とバランスを整えて、再度組み直すという涙ぐましい作業を丁寧にやって頂きました。







そしてマスタリング後に返ってきた音を聴いてみると感動の一言!
HIPHOPってもともと、モコモコした音質でLOWが強めなのですが、Oni様のフィルターを通すとイメージが一新。少しLOWを抑えて、高音をくっきり目立つようにしてくれました。ハイハットの音がしっかり鳴って、歌がすっきり聴こえるようになりました。「低音ブリブリも良いけど、綺麗に聴くBlackMusicもいいなぁ」と。今までの自分の音に対する感覚がかなり変わりました。

本当に素晴らしいお仕事をしていただきました。


ギャラもお気持ちを添えて、スイス銀行経由で30000ユーロ振り込ませていただきました。

DJOni様 ホントにありがとうござました。
もうだいぶ形ができてきました。あとは、ジャケット製作とプレスへ〜!

(続く。。)
MIXCD LAID BACK (GANGSTA LUV) 製作秘話  ④ジャケ製作〜プレス


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。