スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HIPHOP 心のベスト 10 第5位

No compilation , No Bootleg のスタイルにて
めったに買わない コンピ物を先日買ってしまいました。

「何でだって?」

De la ネタの Bob Dourough/Three is magic Number が入っているからね
これ子供のための、童謡みたいな曲でしょ。
それを使っちゃうなんて

Prince Paul 先生 
1055261620_0e5ce2050f[1]

さすが です


そんなとこで
第5位 
Udasoul の元ネタにもなった De la soul の登場 DEF

delasoul3feethighandrisingalbumcover[1]


HIPHOPを聴き始めた当初より、硬派な曲やGangstar RAPよりもネイティブタンよりの
グループが好きでした。
「De la soul」「A Tribe Called Quest」「JungleBrothers」「BrandNubian」 「BlackSheep」
とりあえずネイティブタン関連のアルバムなら間違いないと買いあさってました。

なんでそんなに好きだったのかと 

POPな曲があったり、HIPHouse (死語?)→Jungle Brothersとかね。
ガラージハウス的な曲をサンプリングしてたり、Jazzyな曲であったりと
サウンドにバラエティーがあり、キャッチーな曲が多くて
ミーハ好きな僕としては、そっちの方面にのめりこんで行ったんでしょうね。

中でも特にDela はホントにサウンド的に、かなり豊かで、いつ聴いてもあきません
これは、PrincePaul先生の功績で間違いないでしょう。

1枚目2枚目3枚目ときて、4枚目が出る直前に衝撃がありました。
ここまでずっと共にしてきたPrincePaul先生に別れと告げて、
新しいProducerを迎えたとの噂を耳にしました。

俺的には 当時かなり 「エー 何でーっ」とかなりのショックでした。

しかしそのショックは、4枚目「Stakes is High」を聴いて、一瞬で消えてしまいました。
de-la-soul-stakes-is-high[1]



その新しいProducer とは、みんなが憧れ 尊敬されている今は亡き 

JDilla 先生だったんですね。

j-dilla-donuts[1]



「Stakes is High」を聴いた瞬間 

これはやばいと  めちゃかっこいいじゃんかよ

Prince Paul先生はカラフルなイメージでしたが、対照的にJDilla 先生はかなりDopeで淡色
やっぱりDelaは間違ってないと再認識しました。

ちなみにPrincePaul先生は、Dela にふられて、すねてしまい 
RZA先生とくっついてGravediggazってチームを作って、Dela1枚目のアルバム「Three feat high rising」に対抗して、「Three feet deep 」なんて相当悪そうなアルバムを出してます。(笑)真ん中です。

B000005CEU.01.LZZZZZZZ[1]



そこでJdillaの素晴らしさは私が述べるよりもこのDiscographyを見ていただければ納得だと思います
みんな好きな曲はたいていJdilla 先生の楽曲です。チェックしてみてね↓
http://hameggs.exblog.jp/i35

彼の楽曲で特に好きな曲を1曲だけ 脱線
ネタがIslayBrothers でCommonがRapして、D’angeloが歌って
こんな幸せな曲があっていいのかよ 
↓J Dilla feat Common D`angelo / So far to go



ちょっとJ Dillaの登場に興奮してしまい脱線しましたが、カウントダウンに戻ります。


Delasoulの4枚目のアルバムタイトル曲を 第5位 に




やっぱりカッコいいわー
そんな感じで思い出日記は続きます。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。